すべては、自分を知るところから。

アルフレッド・アドラーという人を知っているだろうか。

フロイトについては一時期ある程度読んだことがある。ユングについてはほとんど読んだことは無いけれど名前は知っている。しかし、アドラーとは?

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 小倉広

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 小倉広


Toshiは知らなかった。実は、有名な心理学者だという。

読んでみると実に面白い。

ある人の特性のことをアドラーは「ライフスタイル」(変えられないものではないという意味を込めて、このような呼び方をするのだそう)と呼び、それは単純に以下のような文章に言葉を当てはめることによりわかるのだという。

「私は○○である」
「世の中の人々は○○である」
「私は○○であらねばならない」

Toshiはこれについて考えることによって、自分の歴史と性格を見事に理解できた気になった。詳細はとても言えるようなものではないから言わない。とにかく、「ああ、自分という人は過去はこうでそして現在こうなっているのだな」なんてことが認識できてしまった。けっこう意外な、そしてかなり衝撃的な、しかし説得力のあるライフスタイルだった。自己認識は本当に大切だと思った。

この本には、様々な人生の問題、つまり子育てや仕事や恋愛にも役に立つ内容が上手に良い順番にまとめられている。どのような人にも一読の価値があると感じた。

そして。久々に複読(以前の記事)を推してみたい。

本というのは、たくさん読むことで相乗効果がある。一つは、様々な視点で様々な専門家が、これは真実だと思うようなことが一致することが結構あることによる。

専門が違っても結論は同じ、ということはままあり、それは当然信憑性が高くなる(もちろん確率的に、ということではあるが)。

今回は全然時代も切り口も違う、苫米地英人氏の本があてはまる。

「努力はいらない!「夢」実現脳の作り方」 苫米地英人

「努力はいらない!「夢」実現脳の作り方」 苫米地英人

裏表紙によると、専門は脳機能、計算言語、認知心理学、分析哲学など多岐にわたる。著書も数多い(他にも数冊読んだ。音源も面白い)。

正直、最初はちょっと怪しいと思った。けれど、とてもわかりやすい言葉で書かれ、よくまとまった良書。

その辺にある啓発本との決定的な違いは、理論的であるということ。これはとても大事。原理原則が理解できないとモチベーションが続かないからだ。

確かに行動指針だけでいうと他の本にも書いてあることもある。しかし、理解があるのとないのとでは結果に大きな差が出る。この本の書き方は理系の人にはとても受け入れやすく、効果が出やすい気がする。

で、アドラーとの共通点がとても多いと感じた。しかしパクリだとは一切感じない。それは、結論は似ているが説明の過程が異なるからだ。人間は直観的に正しいことを学び、それを立場の異なる理論が説明してきたのだ、と知ることができる。

両者とも自己認識に重きを置いている。説明は両者とも優れている。というか角度の違う説明を両方読むべきだと思う。で、それを変革する手段に関しては苫米地氏の方が現代的、理論的かつ具体的。そして、歴史的な心理学者の説明がそれらの補強材料となる。

「夢」を見つけることこそが難しく、それを実現することは実は難しくない。そういわれると納得しがたいだろうが、読めば意外にすんなりわかってくる。

なぜ本当の夢を設定することが難しいのか。それを知るにはアドラー的視点が役に立つ。親の影響、感情、病気などにある本当の目的など、納得できる材料が多々見つかるであろう。苫米地氏の説明にも共通点が多い。人はいかに洗脳されているのかがよくわかる。

そして、なんと、解決策が存在する。

すごいですね。課題を投げっぱなしの乱暴な本ではない。

世の中には、内容の似たような自己啓発本は実に多い。辟易している読者も多いのでは。しかしこの2冊を同時に読めば、きっとそのモヤモヤは解決するはず。

大雑把に言ってしまうと、苫米地氏の本で理論と行動を知り、アドラーの本で補強する(「臨場感」を高める)。これでOKかと。

ハピタス経由でハピタス堂書店に行って買うとお得。いまハピタス堂書店では、送料無料とポイントアップ(3%→5%)のキャンペーン中なので、楽天カードと組み合わせると、実質6%ディスカウントで購入できる。詳細は、以前の記事を。

 

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
小倉 広
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 434
努力はいらない! 「夢」実現脳の作り方
苫米地英人
マキノ出版
売り上げランキング: 19,440
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks



2014年10月14日
  最初のページに戻る  

Book Review, ライフスタイル, 科学, 自己啓発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA