眺めるだけでわかることもある

本棚の役割

本が好きだと、本棚はとても重要なアイテム。なぜなら、本は所有することに大きな意味があるからだ。読んだ後には、おおかたの内容は忘れるけれど読んだことは頭の片隅に残る。これが重要だと思う。

「本棚の本」Alex Jhonson

「本棚の本」Alex Jhonson


生活の中で、ふとしたことで「ああ、確か読んだ本に関連する何か大事なことが書いてあったなあ」と思うことがある。すると、本棚を眺め、本のタイトルを見ているうちに、「ああこの本だ」と思い出して必要な情報をアリアリと思い出せる。もちろん読み返せば詳しくわかる。

こういったことがあるから、本は必ずしも買ったときに読み切らなくても所有するだけでも役に立つ。なんとなくこんなことが書いてあるけど今は面倒だから読みたくない、ということもある。そんなときは、本棚に並べておくと、将来役に立つことがある。

すると、本棚の主な役割を単に収納と考えるのは少し勿体ない。いつでも取り出せる外部化した知識のストレージの役割を担うものなのだ。

なので、収納能力とコストパフォーマンスだけから本棚を選ぶのは正解ではないかもしれない。そういった考えを持ってこの本を読む、いや眺めるととても面白い。

本棚の自由

“Bookshelf”という興味深いブログをやっている本棚のコレクターがまとめた写真集で、実に見ていて面白い。斬新な本棚、いや実用性に疑問が出るようなものも多数収録されている。本棚とは、こんなにも自由なものだったのかと気づかされる。

普段の生活の中では決して見ることのできない他人の発想を知ることは、とても刺激的な経験だ。活字を追うだけが読書ではない。眺めているだけでなにか特殊なものが脳に染み渡ることは事実、快感である。お試しあれ。

ハピタス経由でハピタス堂書店に行って買うと得。特にいまは、送料無料キャンペーン中。そしてポイントアップ(3%→5%)中なので、楽天カードの1%と組み合わせると、実質6%ディスカウントで購入できる。これは大きい。詳細は、以前の記事を。

 

本棚の本
本棚の本

posted with amazlet at 15.01.25
アレックス・ジョンソン
グラフィック社
売り上げランキング: 68,330
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks



2015年1月26日
  最初のページに戻る  

Book Review, ライフスタイル, 自己啓発

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA